条件指定で選ぶ

沖縄おすすめ情報

シークヮーサー
シークヮーサー 沖縄ご当地食材 沖縄の恵みがたっぷりの健康果汁は、料理に、飲み物に最適!。沖縄に自生する柑橘系の果物で、味や酸味から「ヒラミレモン」とも言われる。レモンよりも加糖が少なく、低カロリーでビタミンCが多く含まれているという特徴がある。また、ビタミン、カロチンに加え、カルシウム、カリウムなどのミネラルも多く含む。11月から…
タンカン
タンカン 沖縄ご当地食材 ほどよい甘味と酸味が調和した、沖縄の冬の代表果物。沖縄では冬の果物として定着しつつある「タンカン」。1月中旬から2月中旬が一番美味しくなるそう。特に栽培の盛んな沖縄本島北部の本部町伊豆見では、2月ごろになると県内外から、たんかん狩りに訪れる人で賑わいをみせている。タンカンの皮は厚くて多少むきにくいが、…
島らっきょう
島らっきょう 沖縄ご当地食材 ピリっとした辛さにハマる沖縄の「島らっきょう」。沖縄県で作られているらっきょうで、本土のものに比べてひと回り小さく、ねぎに似た強い辛みを持っている。見た目がねぎに似ているのは、ねぎの栽培方法と同様に寄せ土(日を遮るために根元に土を寄せる)による軟白栽培で育てられるからだ。<BR>「島らっきょう」は、皮…
グルクン
グルクン 沖縄ご当地食材 沖縄の県魚は、カラフルな見た目で味も◎お頭から尻尾まで堪能。沖縄の県魚にも指定されている、名実共に沖縄を代表する魚「グルクン」(標準和名・たかさご)。沿岸のサンゴ礁域や岩礁域周辺に群れで生息し、体は水中では鮮やかな青色で2本の黄帯が走り、非常に美しい。5~7月に1,500尾ほどの大きな群れで産卵を行う。追い…
スク豆腐
スク豆腐 沖縄ご当地食材 昔から親しまれてきた豆腐料理は沖縄の酒の肴の代表!。「スク」とは体長2~3cm程のアイゴの稚魚のことで、沖縄方言では「エーグヮー」と呼ばれる。6月から8月が漁のシーズンで、新鮮なうちは刺身や唐揚げなどでも味わうことが出来る。一般的にはスクを保存食として塩漬けし、瓶詰めされ市販される。それが「スクガラス…
ぶくぶく茶
ぶくぶく茶 沖縄ご当地食材 豊かな泡の食感を楽しめる、沖縄伝統のお茶は素朴で懐かしい味。沖縄伝統のお茶で、名前の通り茶せんでぶくぶくと泡を立て、ソフトクリームのように真っ白いその豊かな泡を飲む全国的にもめずらしい沖縄の茶道。茶わんにさんぴん茶と煎茶を入れた茶湯に、煎り米を煮出し茶せんで泡立った泡をのせ、その上に落花生をトッピ…
オリオンビール
オリオンビール 沖縄ご当地食材 沖縄のビールの代表格!さらに南国で味わえば格別の美味しさ。沖縄県では最大のシェアを誇り、いわば“県民ビール”として定着している「オリオンビール」。昭和32年に「沖縄ビール株式会社」として設立され、昭和34年から本格的な生産が開始。社名も「オリオンビール株式会社」に変更された。「オリオンビール」は、ブラン…
ジーマミ豆腐
ジーマミ豆腐 沖縄ご当地食材 前菜に箸休めにおやつに酒のつまみにと、変幻自在のピーナツ豆腐。落花生を使用した沖縄独特の食品。豆腐の名をもつが大豆やニガリはまったく使っていなく、落花生を搾った汁を芋くずと呼ばれるさつまいものデンプンで固めている。ぷるぷるの見かけに反して、一さじ入れればもっちりとした弾力が楽しい。ねっとりした粘り…
ゴーヤー
ゴーヤー 沖縄ご当地食材 もはや全国区の沖縄夏野菜の代表格!健康面でも注目。レイシ、ニガウリとも呼ばれ、沖縄では郷土料理に欠かすことのできない食材。インドを中心にした熱帯アジア原産の瓜科の植物。独特の苦味に特徴があり、夏の野菜として最近では全国のスーパーで見られる。ゴーヤは現代人に不足しがちなビタミンCを豊富に含み、しかも加…
もずく
もずく 沖縄ご当地食材 貴重な天然ものの旬は4?6月。ヘルシーな食材を多彩な料理で。“もずく”は海藻に付着して育つ性質から「藻に付く=藻付く(もずく)」と呼ばれている。日本で食べているもずくのほとんどが養殖で、その約9割が沖縄産。養殖物は“オキナワモズク”と“イトモズク”の2種類。オキナワモズクの方が生産量が多く、イトモズクに比…
検索結果 134件中 1 - 10件を表示中
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ